FC2ブログ
No Piano, No Life!! ピアノ再開組、猫好き主婦によるピアノまみれの日々
年度末まとめ
2012年05月14日 (月) | 編集 |
先日のレッスン・・・もう音楽院のレッスンが終了しているため時間の余裕もあり、学期末ということもあり、今年1年を振り返ってのコメントを先生から頂きました。

まず、先日のコンクールの結果と今後の課題。私も先生もコンクールは賞を取れるか否かではなく、それを目標に練習して上達することに重点を置いていたので、結果については良かったね〜ってだけで、それよりも演奏内容についての話になりました。録音審査だったので、先生にもそのCDを聴いてもらっていたのです。先生は私の演奏を今までもうイヤって程聴いてるし、レッスン以外に時間を割いてもらうのに抵抗がありました。でも、一年間先生が力を入れて教えて下さった事を私がどれくらい身につけているか・本番でどれくらい発揮できるものか、忌憚ない意見が欲しかったのです。

というのも一応スタジオで録音したためその音質については信用していたおり、音が軽かったり、レガートがあまりキレイじゃなかったり、表現が小さかったりっていうのは自分に原因があると思ったのです。なので録音後にやや落ち込んでしまい、厚かましくも先生にCDを渡すという暴挙に出たのでした。

先生の感想は「録音の音質が悪すぎる!あれを録ったのは学生なの!?ピアノはどんなピアノ??あれはあなたのいつもの音じゃないよ。ダイナミクスレンジも狭いし。次からは違うところで録りなさい!」
・・・ある意味ホッとしたというかガッカリしたというか。自分がどんな音でどんな演奏をしているかなんて演奏中には客観的に聴けないし自信もないので、「まぁ、私なんてこんなモンでしょう」という感じでいた・・・というよりむしろ、録音の方が実際の演奏よりずっと良かったと言われたらどうしようっていう不安の方が大きかったのです。そういう意味では実際の音はもっとマシなようで一安心。でも、それを聴き分けられなかった自分の耳のアホさにガッカリ。

次にやっと内容へ。「注意深すぎて、表現が小さくなっていたよ。録音だとミスしないように注意深くなってしまうのは誰にでもあることだけれど。ボクにはこれがあなたの力を表す録音とは思えないよ。」
・・・ス、スミマセン、ベストを尽くしたつもりだったんですが。これについても自分の表現の幅なんてこんなモンでしょ、って思っていたのである意味ホッとしたというかガッカリしたというか。

ま、要するに私の耳がアホアホだったって事ですね┐(´-`)┌ 
耳がアホだとどうにもならない、これは何とかしないと・・・。

でも今年1年ですさまじく上達したとのこと・・・まぁ、もともとがド下手ですからねぇ。とは言え、本当に本当に嬉しかった。コンクールやコンサートの一瞬で力を発揮して良い結果を得られるのも嬉しい。でも少しずつでも日々進歩している、さらにまだ進歩する可能性があると言われる方がずっとずっと嬉しいし、価値があるし、希望が持てる。

それから今の私はどれくらいのレベルなのか、そしてもっと上に行くにはどうすれば良いのかのアドバイスがありました。

「もっと自由な表現・弾く度に違う表現で、聴いている人達(自分も含めて)を驚かせなさい」
・・・昨年からずっと言われ続けている事ですが、引き続き大きな課題ですね。驚かせるかぁ。余りに弾けなくて自分が驚いちゃう事はよくあるんだけど。

「もっとピアノの演奏を聴きなさい、コンサートもそうだし、録音だったら昔の歴史的ピアニストを聴きなさい、それによって自分の耳を鍛えなさい」
・・・どういうコンサートに行ったら良いか、録音だったら誰のものを聴けばよいのか、教わりました。

そして心配していたキー様先生のレッスンを受ける件ですが、夏休みは他所に教えに行ったりしているので、キー様先生のでも他の先生のでも自由に受けなさいとのこと。また他にも室内楽やピアノセミナー等、先生が良いと思ったものを紹介してもらいました。コンクールについても色々調べて下さったようで、某コンクールを受けてみたらとのこと・・・ほとんど夢とも言えるくらいの憧れていて、受けたいと言うことすらできそうもなかったものだったのでビックリ。敷居が高すぎるけれど、別に勝つためにでるわけでなし(そもそも勝つなんてありえない〜)。その準備の段階にこそ、もし一回でもその場で演奏できたら(そこまで辿り着くのすら大変なこと)その経験こそに価値がある。少しずつ準備しようと思っています。



色々話していて感じたのですが、昨年くらいからやっと信頼関係ができてきたのかなぁって気がします。競争心が強すぎる生徒、テクニックだけ追求して大曲ばかりに取り組む生徒にはかなりキビシイ態度で臨む先生。こうしてサポートして下さるのは、先生が何を大事だと思って教えているかを私が理解していることが伝わったからかもしれません。また、私が真剣に(真剣すぎる程真剣に)ピアノと向き合っている事を先生が理解し、ドン引きせずに(笑)、出来る限りサポートして下さっているという事を私が信じられるようになってきたのもあります。来シーズンも頑張ろうって思える瞬間でした。

テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
新曲、新曲、新曲〜♪♪♪
2012年05月12日 (土) | 編集 |
フフフ、昨夏以来の怒濤の新曲〜♪ 冬に小品が追加になったけれど、レパートリー総取っ替えは久しぶりなのでテンション上がります

先月、本番後にとりあえず一曲追加。しばらく古典をやっていなかったのでハイドンのソナタロ短調をやりなさいとのこと。ハイドンかぁ・・・嫌いじゃないけど特に思い入れないなぁ、交響曲は何曲か好きなのがあるけどソナタはほとんど聴いたことないし・・・大体ロ短調のソナタって言ったらリスト様かショパン様に決まってるじゃん。そんな風に思ったのですが、聴いてみたら意外に良い曲だったので弾いてみることにしました。こんな曲です)↓



先週、来年度のレパを決めることになったので「バッハ、ショパン、ラヴェルを弾きたいです」という何とも雑な希望を伝えたところ、以下のような返答が。

「ラヴェルはソナチネ、水の戯れ、優雅で感傷的なワルツあたりは?」
うーん、どれも好きな曲だからかなり悩んだのですが、オケにいたころから演奏してみたかった優雅で〜にしました。
「ショパンはバラード・スケルツォはあまりにも有名すぎてちょっとね・・・即興曲(3曲全部)か子守歌は?」
わーい、憧れの子守歌だ〜!ってことでこれは迷わず決定。
「バッハはパルティータのどれかは?」
あ〜、これも悩む〜。結局、リパッテイのCDを聴いて以来ずっと憧れ曲だった1番にしました。今年は絶対フラ5!と意気込んでいたから長調の曲がいいかなぁとも思ったし。

そして・・・さらに!!!
「ベートーヴェンかシューベルトのソナタはどう?」


ベートーヴェン、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!


(シューベルトはあっさり放置・笑)

で、テンション上がり過ぎて「じゃぁ30番か・・・(以下略)」とメールしたところ
「ambitiousなのは良いことだけど、そういうのは15番・22番・24番・27番のどれかをやってからね」とお返事が
24番は2年前にレッスンを受けただけで本番で弾いてないのでもう一度弾いてみるのも良い勉強になるかもね、とのこと。

ですよね〜、そりゃそうですよね〜、何とアホな事を言ってしまったんだ・・・と猛反省。ということで15番にしました。金魚さん、よろしくお願いしまーす♪ あぁ〜2年ぶりのベト様、本当に嬉しいです

それにしてもambitiousって・・・

テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
夏の先生探し、怒濤の展開
2012年05月07日 (月) | 編集 |
たまにピアノブログ等で見かけるサマースクールのレポがとっても羨ましかったのです。ピアノ狂が集まるピアノ漬けの毎日、色んな先生のレッスン、コンサート・・・想像しただけで胸が高鳴ります。今年こそ参加しようと思い立って調べ始めました。夫を長期間置き去りにできないので近所限定で探したのですが、適当なものがありませんでした国内5大オケのお膝元、音楽の街ですからすぐに見つかると思っていたのですが、大人のアマチュアが参加できるものはありませんでした。近所のいくつかの音大で開かれている講座はあるのですが、ドビュッシーイヤーのためかドビュッシー関連が多く・・・余り興味のない私は参加する気になれず

で、代わりと言ってはなんですが、他の先生のレッスンを受けてみることに。色々調べたところ、近所の音大で夏休み中の個人レッスンがあるとのこと 先生方をチェックしたところ・・・見たことのあるお名前が!昨夏、この界隈の音大の先生方の前で演奏する機会があったのですが、そのときの先生のうちの一人でした。いくつもの音大のピアノ科主任を歴任し、ピアニストとしても数々の国内外のコンクール優勝・入賞歴があり、世界的オケの演奏会やそのオケのメンバーとの室内楽演奏会の出演経験も多数。今の先生(以後、千秋先生。キャラが千秋様だから)もピアニスト・ピアノ教師として同様の経験がありますが、その数たるや桁違い。こんなスゴイ先生が私のようなヨチヨチのアマチュアなんて教えて下さるのだろうか?それ以前に本当に夏休みに教えているのだろうか??学校に電話してみたところ、「まずオーディションを受けなくてはなりません。その結果に応じて先生が決まります。詳細はオーディション担当の先生にメールして下さい。」とのこと。え〜!自分が習いたい先生に習えないの〜??勿論どの先生も良い先生なんだろうけど、こちらにだって生意気にも好みがありますから・・・。で、すっとぼけて「○○先生(以後、キー様先生。髪型がキーシンに似てるから。)は夏休み教えてらっしゃいますか?」とだけ書いてメールしたところ、音沙汰ナシ

一週間後くらいにたまたまその学校でピアノセミナーがあったので行ったところ、そのオーディション担当の先生がいたので図々しく直撃してみました。
「私、キー様先生に習いたいってメールしたんですけど・・・」
「え!(焦)・・・君はキー様先生と知り合いなの?知り合いだったら直接連絡とっていいよ」
「いや、私は知ってますけど・・・斯く斯く然々で先生は覚えてらっしゃらないと思います。」
「ふーん、覚えてるかもしれないから、ボク電話しておくよ。」
が、またしても担当の先生から音沙汰ナシまぁ、これ以上ゴリ押ししても仕方ないので半ば諦めていました。

ところが数日後、突然キー様先生から直接メールが。
「Hi!ツムジちゃん。ボクは君のこと覚えてるよ。夏、レッスンできるのを楽しみにしています。初回レッスンの日にちは・・・」

え〜!覚えていて下さっただけでも本当に有り難いことなのに、更にレッスンまでして下さるなんて!しかもオーディション無しで!!ご本人から直接連絡が来るとは思っていなかったし、来るとしてもオーディションの日程の連絡だと思っていたので本当に驚きました。オーディションは何曲か弾いて、その後ミニレッスンという形式なのですが(千秋先生のときもそうだった)、たとえ合格できなくてもそのミニレッスンを受けられるだけでこんなに幸せな事はないなぁと思っていましたし。

ここで我に返ると、オーディションすら受けられないと思っていたし、それも通るはずないと諦めていたので、千秋先生にはまだ報告・相談していませんでした。千秋先生も多少はへそを曲げたご様子でしたが、何とか取り繕えたかと思います。あぁ良かった。というわけで、初回レッスンに向けてたくさん練習しようと思います


テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
最近はこんな感じです
2012年05月06日 (日) | 編集 |
ここのところすっかりブログが月報みたいになっていますが・・・

原因不明の背中痛のためじっとした状態で30分以上体を起こしているのが辛く、PCから遠ざかっていました。ピアノを弾いたりジョギングしたりっていうのは大丈夫なのが救いですが、食事とかPCとかじっとしているのが結構ツライです

で、こんな1ヶ月を過ごしていました。それぞれレポを書く・・・つもり。

・本番終了
 練習場所がなくなってしまったのでどうしようか迷ったのですが、先生の強い勧めに従って出たのです。3月前半はピアノ探しと防音室の検討に時間をとられ、3月後半はやっと練習し始めたものの練習時間は十分でなく(平日の朝8:00〜9:00しか練習室が使えないので)。でもまぁ、できる限りの事はしたと思います。

新しい先生との出会い
 夏休み(6〜8月)に他の先生のレッスンを受ける予定です。まだ何回受けるか決めていないですが。サマースクールに行ってみたくて色々調べたのですが適当なところがなかったので、代わりに(?)違う先生の個人レッスンを受けることにしたのです。今からとっても楽しみです

・謎の背中痛
 本番が終わって気が緩んだのか、左側の肩甲骨に沿って痛みが。痛みのためレッスンも一回休み、その次の週は何とかレッスンに行ったのですが、先生から練習禁止と休養を言い渡されてしまいました(と言っても未だに防音室ができていないので今はほとんど練習していないのですが)。あまりに長引いたので、近所の漢方薬局で漢方薬を処方してもらって飲んでいます。何となく効いてきた気が・・・気のせい??

・防音室
 色々検討したのですが(←これを記事にしようと思った矢先に背中痛で断念)、結局組み立て式の防音室ではなく部屋自体を防音工事することにしました。先週、やっと設計図が出来上がったところです。

テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
思いがけない出会い
2012年04月09日 (月) | 編集 |
何だかもう欲しいピアノなんて買えない気がしてきて、やっぱりピアノをやめなきゃならないのか・・・と落ち込みつつ、個人的に売りに出している方を探し続けました。その結果何人か見つかったので、藁をも掴む気持ちで(←相変わらず大袈裟)試弾に行きました。

最初に伺ったのは某オケを引退なさった方のお宅で、車で2時間以上かけて行ってきました。値段は今までの中で一番安くて私にも買えるくらい♪それにピアニストではないとはいえ、何と言っても世界的なオケのメンバーだった方が選んだ楽器ですからきっと良いモノに違いない、これがダメなら諦めるしかないと行きの車中ではかなり悲壮感が漂いました。

そして試弾・・・「ラ〜♪」と1音鳴らしただけでその音に魅了され、好きになってしまいましたもうこれ以上弾かなくても十分この楽器の良さは分かる、という感じでしたが一応パラパラと弾いてみました。すぐに弾き終えて夫と相談。夫は買うことを決めていましたが、私は今までの人生で一番高い買い物なので(って、一般的には大した値段じゃないんですケド・・・私って悲しいくらい小市民)すっかり怖じ気づいてしまい、とりあえず先生に来て貰って試弾して欲しいなんて考えていました。

そんな私に向かって、持ち主の方がご自分の本業の楽器を買ったときの感動的なお話をして下さったのです。本当に映画のような話で、まさに事実は小説より奇なりっていうか。また、私の出す音がとても綺麗だと褒めて下さり(売りたい一心でのお世辞・・・)、お調子モノの私は買うことにしちゃいました。一 応、帰宅後に先生にメールでそのピアノの状態・履歴を説明して試弾のお願いをしたところ、「とても良いピアノだと思うし、○○響の方が持っていたというのは良いサイン。自分の耳と指を信じなさい」という返事(単に遠いから行きたくなかったという説アリ)。確かに、楽器というものはいくらお金があったとしても自分が気に入ったモノに出会えるとは限らない。特に中古楽器はそのときに作られたモノと同じモノを再び作ることはできないので、これを逃してはいけないと思ったのです。

・・・もうその晩は眠れませんでした。ひとたび眠ってしまったら、起きたときに全て夢に変わっているんじゃないかと心配で。長年の夢だったグランドピアノが自分のモノになった、しかもあり得ない程のお手頃価格で。翌日もまだ夢なんじゃないかってボーッとしていて・・・カレーチャーハンを作るのにカレー粉を入れても入れても全くカレーの味がしなくて・・・ハッと我に返って手元を見たら間違えて粉タイプのカラシを大量投入していました(その前にカレーの香りが全くしないのに気づけって感じですが)。

そんなわけで我が家にグランドピアノがやってきました

まだ防音対策をしていないので思いっきり弾いていませんが、とりあえず手元にあるので安心、安心。ピアノが運ばれて来た日もまた眠れず・・・何度も夜中に起きてピアノがまだ家に置いてあるか確認しちゃいました。毎日ちょっとだけこっそり音を出してみるのですが、その音の美しさに、そしてこれからもピアノを続けられる嬉しさで涙が出ます。グランドを買うなんてあまりにも夢のような話で、ぼんやりと「欲しいなぁ〜、あったらいいなぁ〜」と思うだけで、ちゃんと具体的に考えたことがなかったのです。でもこういう状況に追い込まれてやっと真剣にあらゆる可能性を考えて、夢が叶いました。あきらめなくて良かったです。

ピアノに名前をつけようって考えているんですが、なかなかコレっていうのがなくって。好きなピアニストの名前を頂く?だったら・・・ダニエル?(←バレンボイム)でもダントツで好きってわけじゃなくて、曲によって好きな人は色々だし。好きな音楽家?だったら・・・アル?(←某オーボエ奏者)・・・うーん、何かしっくりこない。もうちょっと考えてみようっと。

テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽