FC2ブログ
No Piano, No Life!! ピアノ再開組、猫好き主婦によるピアノまみれの日々
ピアノの目標ーその1
2012年01月09日 (月) | 編集 |
前記事で新年の心掛けを書きましたが、もう少し具体的にピアノに関する当面の目標を書いておきたいなと思います。
  1. 音質改善
  2. 完成度を高める
  3. レパートリーを増やす
具体的な数値がないので後から達成したかどうか傍目にはイマイチわかりにくい目標ですが、取り組んでいる本人はどれくらい達成できたかわかると思うので良しとしました



まずは音質改善。いつか集中して取り組まなくちゃと思いつつ、そして少しずつ取り組んでいるつもりではいたけれど・・・目先の課題やコンサートに追われてなかなか集中できなかったのです。ところが昨年最後のレッスンで結構衝撃的な事があり、「あぁ今がその集中して取り組むときだな」と気づいた次第。

そのレッスン開始時に突然先生が、「ピアノ教授法のクラスの資料にするから今日のレッスン、ビデオ撮影させて〜」と撮影開始。「事前に言ってくれればオシャレして来たのに・怒」とか「私、ダメな生徒の例じゃないよね・泣」とかアホな事考えつつレッスン開始。いつもよりテンションが高い先生にドン引きしながらちょっと戸惑いつつレッスンが進み、「そこはこういう音で弾いてごらん」と先生が弾いた音が・・・


今まで聴いたことのない音だった


色んな事がショックでレッスン後に考え込んでしまったのです。

勿論、音そのものへの驚きはあるけれど、それ以前に先生の耳と私の耳の何とまあ違うこと。上手い人と下手な人ではピアノをコントロールする技術だけではなく、そもそも耳が異なる・・・当然の事だけど、改めて骨の髄まで実感したのです。先生が聴いている音楽は私のそれとはまるで違うものなんだって。まず耳を鍛えなければ音は絶対に良くならない、もっともっと耳を鍛える必要があると痛感。そしてそれ以上に、先生が聴いている音楽がどういうものなのか、とっても興味がある・・・私も同じ音楽を聴きたい!

でも、このレッスンをきっかけに「耳が開いた」感じがする。もっと細かく、もっと深く聴けるようになった感覚がある。今後音楽を聴くのがますます楽しくなりそうで嬉しい。

一方そういう耳で自分の音を聴いてみると、音色やその変化もさることながら、そもそも音の存在感が乏しすぎるのが悲しい悲しすぎるそれでもこういう音に出会えたのは幸せである。ひょっとしたら今までこういう音に出会えなかった事が1番ショックだったのかも。今まで私なりに真剣に取り組んできたつもりでも、こういう音が要求されるレベルには達していなかったんだなあってもっと自分の音を厳しく・集中して聴き、諦めず・欲張って良い音を追求したい。

長くなったので続きは別記事にて。

関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
先生の音はいつも聴いているはずなのに、どうしてこの時は違う音だったんでしょうね。先生がテンション上がっていらしたから…?
先生の耳と自分の耳と違うって…私は考えたこともなかったです。

いつも思うんですけど、ツムジネコさんの先生ってオクレール先生みたいじゃありませんか?私、勝手に想像してるんですけど(^^♪

良い音はね、私もいつも心掛けています。
鬼さん2号、音にはとってもうるさいんですよ~(-"-)
音を間違えたりはずしたり、上手く弾けなかったりすることについては何も言わないんですけど、音そのものが気に入らないと「硬い」とか「とがってる」とか、いろいろ言われて…。
でも、言ってもしょうがないと思えば言わないだろうから、ま、なんとかついて行こうと思ってます。大変だけど~(~o~)

習い始めたころはここまで来れなかったです。
少し進歩して、またさらに進歩できるように日々努力ですね(^o^)
いっぱいいっぱいにならないように、抜け殻にならないように、いつまでもベーべじゃないように音楽以外の自分もレベルアップさせたいと思います。

続編、お待ちしてます(*^_^*)
2012/01/10(Tue) 00:44 | URL  | 金魚 #JalddpaA[ 編集]
わー、その先生の音、私も聴いてみたかった
・・・
いい経験をされましたね!!

ピアノ以外の楽器やオケを経験してるのですから
ツムジネコさんも耳の感覚は鋭くなっていると思いますよ?

ずっとピアノONLYだった私は、
オケ経験者の耳にはかなわないなって思うことが
最近よくあります。。。

きっと深く聴こうとする姿勢が大事なのでしょうね。
私もがんばろうっ!!
2012/01/10(Tue) 09:05 | URL  | おくりん #-[ 編集]
>金魚さん
あの日はいつもと違う音を出したんですよ〜、先生。ビックリして一瞬固まっちゃいましたもん。
オクレール先生みたいって・・・どんな感じかしら?淡々とキビシイところ?ペースが速いところ??

金魚さんの鬼さん2号はキビシイですよね。でもついてこれると思ってるから厳しくなさってるのだと思いますよ。うちの鬼さんも金魚さんの鬼さんも音色にはうるさいですね。一緒に音色に磨きをかけましょうね〜。

金魚さんは頑張り屋さんなので、今年は私を見習って(爆)適度に怠けて下さいね〜。そうすると抜け殻にならなくなりますよ^^  自分では少しずつしか進歩してない気がしても、むしろ進歩なんてしてないんじゃないかって思っても、振り返ってみると確実に進歩しているはず!今年も一緒に楽しくピアノを続けましょうね〜♪
2012/01/10(Tue) 23:04 | URL  | ツムジネコ #-[ 編集]
Re: 耳
> おくりんさん

いやいや、ホントビックリでしたよ。レッスンの録音を家で聴いて二度ビックリ。もうイヤになるくらい私とは違う音だった〜・涙。

確かにオケの経験は音色作りや、フーガを弾くときに役立ってるかも。でもその分ピアノ歴が浅いから、イメージ通りにピアノをコントロールできないのよね〜。だから結局ピアノで表現しきれないのが悲しいところ。

そうそう、急に耳が良くなったり、音色が良くなったりってことはないもんね。やっぱり日頃から意識して取り組む姿勢でいなきゃね。一緒に頑張ろうね〜^^
2012/01/10(Tue) 23:10 | URL  | ツムジネコ #-[ 編集]
えっとね…オクレール先生みたいっていうのは、ぐいーっと引っ張ってくれる感じかな(*^_^*)
ま、「淡々とキビシイところ」とも言えるんだけど…ときどきびっくりするようなことをおっしゃるけど、それはツムジネコさんのこと良く見ていてわかっていて言ってることで、的を射ていることであって…(のだめちゃんに言うところあるでしょ『もじゃもじゃ組曲』を弾いてる時に(正確じゃないけど^^;)「君は作曲家がなにを言おうとしているのかちっとも聞こうとしない」って。あんな感じで必要な時に必要なことをズバッと言うんじゃないかなぁ。)
…で、次の段階にヒョイと乗せてくれる感じ(^^)
2012/01/11(Wed) 05:03 | URL  | 金魚 #JalddpaA[ 編集]
>金魚さん
ほほぉ〜、そういう感じですか>オクレール先生。
確かにうちの先生は必要なときにズバッと言いまくるので、その衝撃でレッスン後はよく放心しています^^;
こっちから見ると与えられたハードルを飛び越えるのに精一杯だけど、先生は全体が見えていて適切なときに適切なハードルを出してくるんでしょうねぇ。
2012/01/11(Wed) 09:05 | URL  | ツムジネコ #-[ 編集]
その先生の音、私も聴いてみたいですね~!
ツムジネコさんがびっくりして固まっちゃうってどんな音なんでしょう♪

音色が大事なのはもちろんですけど、良い音を出すにはまず良い耳、って発想はなかったですね(@_@)
言われてみれば良い音を聴きわけられなかったら良い音を出せないのは当然ですよねi-201
でも耳を鍛えるってどうすれば…汗
やっぱり普段から意識するしかないんですよね、私も頑張ります^^;
しかし最近つくづく思いますが、音色にしろタッチにしろ、デジピじゃやっぱり限界があるなぁ(T_T)
2012/01/11(Wed) 10:03 | URL  | エラニユース #ZB19ZV5w[ 編集]
>エラニユースさん
ホント、何だったんでしょう、あの音は!実際にお聴かせできないのが本当に残念です。
いつかああいう音が出せるようになりたいです〜(憧)

耳を鍛えるのって難しいですよね〜。でもピアノは勿論、ピアノ以外の楽器の色んな音を聴いたり、日頃から意識して注意深く聴くことで鍛えられたらなぁと思っています。一緒に頑張りましょうね〜^^

そうそう、やっぱり音色を追求するとなると生ピは必須になってきちゃいますよね〜。これはもう早く引っ越して生ピを買うしかないですよ!私も家に生ピが欲しい〜(願)
2012/01/12(Thu) 10:08 | URL  | ツムジネコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可