FC2ブログ
No Piano, No Life!! ピアノ再開組、猫好き主婦によるピアノまみれの日々
年度末まとめ
2012年05月14日 (月) | 編集 |
先日のレッスン・・・もう音楽院のレッスンが終了しているため時間の余裕もあり、学期末ということもあり、今年1年を振り返ってのコメントを先生から頂きました。

まず、先日のコンクールの結果と今後の課題。私も先生もコンクールは賞を取れるか否かではなく、それを目標に練習して上達することに重点を置いていたので、結果については良かったね〜ってだけで、それよりも演奏内容についての話になりました。録音審査だったので、先生にもそのCDを聴いてもらっていたのです。先生は私の演奏を今までもうイヤって程聴いてるし、レッスン以外に時間を割いてもらうのに抵抗がありました。でも、一年間先生が力を入れて教えて下さった事を私がどれくらい身につけているか・本番でどれくらい発揮できるものか、忌憚ない意見が欲しかったのです。

というのも一応スタジオで録音したためその音質については信用していたおり、音が軽かったり、レガートがあまりキレイじゃなかったり、表現が小さかったりっていうのは自分に原因があると思ったのです。なので録音後にやや落ち込んでしまい、厚かましくも先生にCDを渡すという暴挙に出たのでした。

先生の感想は「録音の音質が悪すぎる!あれを録ったのは学生なの!?ピアノはどんなピアノ??あれはあなたのいつもの音じゃないよ。ダイナミクスレンジも狭いし。次からは違うところで録りなさい!」
・・・ある意味ホッとしたというかガッカリしたというか。自分がどんな音でどんな演奏をしているかなんて演奏中には客観的に聴けないし自信もないので、「まぁ、私なんてこんなモンでしょう」という感じでいた・・・というよりむしろ、録音の方が実際の演奏よりずっと良かったと言われたらどうしようっていう不安の方が大きかったのです。そういう意味では実際の音はもっとマシなようで一安心。でも、それを聴き分けられなかった自分の耳のアホさにガッカリ。

次にやっと内容へ。「注意深すぎて、表現が小さくなっていたよ。録音だとミスしないように注意深くなってしまうのは誰にでもあることだけれど。ボクにはこれがあなたの力を表す録音とは思えないよ。」
・・・ス、スミマセン、ベストを尽くしたつもりだったんですが。これについても自分の表現の幅なんてこんなモンでしょ、って思っていたのである意味ホッとしたというかガッカリしたというか。

ま、要するに私の耳がアホアホだったって事ですね┐(´-`)┌ 
耳がアホだとどうにもならない、これは何とかしないと・・・。

でも今年1年ですさまじく上達したとのこと・・・まぁ、もともとがド下手ですからねぇ。とは言え、本当に本当に嬉しかった。コンクールやコンサートの一瞬で力を発揮して良い結果を得られるのも嬉しい。でも少しずつでも日々進歩している、さらにまだ進歩する可能性があると言われる方がずっとずっと嬉しいし、価値があるし、希望が持てる。

それから今の私はどれくらいのレベルなのか、そしてもっと上に行くにはどうすれば良いのかのアドバイスがありました。

「もっと自由な表現・弾く度に違う表現で、聴いている人達(自分も含めて)を驚かせなさい」
・・・昨年からずっと言われ続けている事ですが、引き続き大きな課題ですね。驚かせるかぁ。余りに弾けなくて自分が驚いちゃう事はよくあるんだけど。

「もっとピアノの演奏を聴きなさい、コンサートもそうだし、録音だったら昔の歴史的ピアニストを聴きなさい、それによって自分の耳を鍛えなさい」
・・・どういうコンサートに行ったら良いか、録音だったら誰のものを聴けばよいのか、教わりました。

そして心配していたキー様先生のレッスンを受ける件ですが、夏休みは他所に教えに行ったりしているので、キー様先生のでも他の先生のでも自由に受けなさいとのこと。また他にも室内楽やピアノセミナー等、先生が良いと思ったものを紹介してもらいました。コンクールについても色々調べて下さったようで、某コンクールを受けてみたらとのこと・・・ほとんど夢とも言えるくらいの憧れていて、受けたいと言うことすらできそうもなかったものだったのでビックリ。敷居が高すぎるけれど、別に勝つためにでるわけでなし(そもそも勝つなんてありえない〜)。その準備の段階にこそ、もし一回でもその場で演奏できたら(そこまで辿り着くのすら大変なこと)その経験こそに価値がある。少しずつ準備しようと思っています。



色々話していて感じたのですが、昨年くらいからやっと信頼関係ができてきたのかなぁって気がします。競争心が強すぎる生徒、テクニックだけ追求して大曲ばかりに取り組む生徒にはかなりキビシイ態度で臨む先生。こうしてサポートして下さるのは、先生が何を大事だと思って教えているかを私が理解していることが伝わったからかもしれません。また、私が真剣に(真剣すぎる程真剣に)ピアノと向き合っている事を先生が理解し、ドン引きせずに(笑)、出来る限りサポートして下さっているという事を私が信じられるようになってきたのもあります。来シーズンも頑張ろうって思える瞬間でした。

関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
録音審査だったんですね。
2か所くらいで録音してみたら良かったのに…残念でしたね。
ツムジネコさんは、普段は録音練習ってなさらないんでしたっけ?
私は最近よく自分の音を(デジピですけど)録音して聴いていて、嫌んなっちゃうときもありますけけど(>_<)やらなきゃいけないことがはっきりして、効果はあるんじゃないかと思っています。
先生にコンクールを薦めていただけるなんてすごいことですね。これからますます素敵な曲を。楽しみにしています。完璧でなくていいから、たまには録音聴かせて~(^_-)
2012/05/20(Sun) 02:58 | URL  | 金魚 #JalddpaA[ 編集]
> 金魚さん
そうですね〜、色んなところで録音できればいいですけど、お金が・・・(涙)。それでも結局、どれが良い録音か自分で分からなかった気がします(>_<) マイクの種類・位置・エコーとかの善し悪しが分からないので、指定は難しいですし。先生はホールで録るべし!って言ってたけど・・・お金が(滝汗)。でも、結局それが1番良いんでしょうね。普段は録音練習しています〜。さすがにそういう録音より今回の録音はずっとずっといいですよ^^

私たち大人のアマチュアはあまり演奏の機会がないため目標を見つけにくいですよね、そういう意味でコンクールを薦めてるんでしょうね。こちらのコンクールはイベントとして楽しく(超真剣な弾き合い会みたいな感じ?)、しかもアマチュアといえども良い演奏続出なので(参加者は音大卒がほとんどですし、オケとの共演経験のある方まで・・・汗)、演奏会としても楽しめますよ〜。金魚さんも是非。
2012/05/21(Mon) 05:39 | URL  | ツムジネコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可