FC2ブログ
No Piano, No Life!! ピアノ再開組、猫好き主婦によるピアノまみれの日々
暗譜と戦うーその2
2012年02月09日 (木) | 編集 |
前記事の続き、暗譜落ちの原因その2「異なる視界への違和感」です。

私は弾いているときに自分の手や鍵盤はほとんど見ず、楽譜をガン見しています。でも暗譜のときは楽譜も譜面台もないですから、どこを見れば良いのやら。演奏に自信があればキリっと顔を上げて弾くのでしょうが、やっぱり俯きがちに そして自然に自分の弾いている手元をガン見することになり・・・見慣れない視界に動揺。「へ〜、こうやって弾いてたんだ〜」と見ているうちに「ちゃんと弾けるのか??」と心配になってきます。

で、そのハラハラに耐えられずに鍵盤から目を離すと目のやり場に困ってしまい、今度は脳裏に浮かぶ楽譜を読んでしまうのです。こうなってくると暗譜で演奏する目的からかなりかけ離れた状態。目の前に置いてあるか頭の中にあるかの違いだけで、結局楽譜を見て弾いてるのと変わらないのです。さらに頭の中の楽譜であっても楽譜ガン見派なので、数小節先まで見えてないと不安が募ってきたりして。

結局、この心配や不安に押しつぶされて暗譜落ちしてしまったのです。



ではどうすればいいのか?

まずは、頭の中の楽譜を読むのをやめること。
癖になってしまっていたので、しばらくは脳裏の楽譜を読まずに音に集中する練習をしてみました。幸い(?)今シーズン最初に暗譜し始めたのはバッハのトッカータBWV914。2つのフーガを含む曲で、1つめのフーガは4声で二重フーガなので、数小節先まで脳裏に楽譜を浮かび上がらせておくと脳ミソが激しく疲れます。2つめのフーガは3声だけどテンポが速めなので、これまた数小節先まで浮かばせつつ指もコントロールするのはなかなか大変。というわけで「ラクをしたいなら脳裏の楽譜ガン見をやめなさい〜」と自分に言い聞かせ、またしても私のおバカな脳ミソはちゃんと騙されてくれたので、この癖も直ってきたようです。

次は、楽譜を見ながら弾いているときも、鍵盤上をどのように指が動いているかのイメージを持つようにすること。頭の中にそういう絵があれば、手元を見て弾いたときに驚かなくなるので。これは暗譜をする際にイメージするようにしました。



これらを心がけるようになってからレッスンでも本番でも暗譜への恐怖が激減し、幸いにもまだ暗譜落ちしていません。でも、もっと暗譜を確実なものにすればもっとラクに弾けるのではないか?と色々調べて、今シーズンある方法を試してみました。一般的な暗譜方法なのかもしれませんが、少なくとも私にとっては新しくて効果のある方法だったので、後日記事にしたいと思います。


関連記事
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
コメント
この記事へのコメント
異なる視界への違和感…そうですよね…。
本番って、いつもと違うピアノで違う雰囲気じゃないですか。ふと手元を見たときに「あれ?なんだっけ?」となります。
去年の発表会、何で止まっちゃったのかなぁ~と、今考えてもよくわかりません(^_^;)

結局のところ、暗譜っていろんなものの合わせ技なんでしょうね。先生によってアドバイスも違いますし…^^;
今の先生「暗譜の練習はしなくていいです」って。
これから10分もある曲を暗譜落ちせずにどうやって弾こうかと試行錯誤中です。続きの記事、お待ちしています(*^_^*)
2012/02/10(Fri) 22:57 | URL  | 金魚 #JalddpaA[ 編集]
暗譜、苦労されてるんですね~i-201
私は楽譜見ながら弾けないので、全く逆の悩みですがi-229
でも、頭の中に楽譜とかすごいです~!
頭の中に楽譜置いてそれ見て弾くってどんなかんじなんでしょう、想像つきません…汗
それでも落ちたりするのですから、暗譜って怖いですねi-202
私の場合は暗譜というより暗手なので、手が自然に弾くはず、大丈夫!と言い聞かせてます(笑)。
それと、ふと我にかえると、あれ、どうだったっけ、となるので、我にかえらないように曲に集中すること、でしょうか…汗汗
余裕があるとふと我にかえっちゃうので、余裕なく弾いてる曲の方が暗譜おちなかったりしますね(苦笑)。
でも、手元を見てると動揺するのわかりますねー。

しかし、ある方法ってどんなのでしょう。気になりますi-201
2012/02/10(Fri) 23:59 | URL  | エラニユース #ZB19ZV5w[ 編集]
> 金魚さん
おお〜、そうでしたね。確かに本番のピアノは慣れないピアノですから、これも異なる視界ですね。
多少色や手触りが違っても鍵盤の位置が変わるわけじゃないので「視界」としては余り気にしてなかったのですが、本番中ふと我に返ると「あれ?」ってなりそう〜。

暗譜は人によって自分に合っている方法が異なるので、色々試してみるのが良いんでしょうね。今まで記事やコメで見た皆さんの譜読み・練習方法も色々だったけど、暗譜方法も色々ありそうですね。
「暗譜の練習」っていうのは「暗譜」の練習?それとも「暗譜状態で」の練習?
金魚さんは先生が2人もついてらっしゃるので、バラードの暗譜対策もお二人に聞いて、そこから取捨選択して金魚方式ができそう〜。
2012/02/11(Sat) 17:48 | URL  | ツムジネコ #-[ 編集]
> エラニユースさん
暗譜、本番で不安が残っていたので対策に苦労しました。
エラニユースさんは全部暗譜ですもんね〜!羨ましいです〜!!
頭の中の楽譜は、何となく本の見開き全体が見えてて、音楽の進行に合わせてこれから弾く一段くらいがクッキリ表示される感じで・・・カラオケみたいな感じ?です。でもややこしかったり速い曲になると表示がところどころアヤシくなってきて落ちそうになったり落ちたりするって感じです。

そうそう、本番までにちゃんと練習しているから「手が自然と弾くはず!」って言い聞かせるのって大事ですよね。さらに我に返らないように集中するっていうのも本当に大事だたなぁって思っています。確かに、余裕があるときの方が思ってもみないところで落ちたりしますね。

ある方法って言ってもググったら見つけた方法なので、そんなに特別な事じゃないとは思いますが(←開発?した方に失礼・笑)、私には合っているようです。また続き書きますね〜。
2012/02/11(Sat) 18:28 | URL  | ツムジネコ #-[ 編集]
なんか、まるで自分の事のようです(汗)
どこ見ていいか分からないし、自分の手なんて見慣れてないから見ると余計に変な感覚になり訳分からなくなっちゃうし、でも楽譜がなければつい見ちゃうしで・・。
脳裏の楽譜を読むと言うのはどうなのかな?
私はどうやって暗譜してるのかまだ自分で不明です・・。
2012/02/12(Sun) 09:35 | URL  | らべんだ~ #iydQorAY[ 編集]
> らべんだ〜さん
らべんだ〜さんと私って似てるとこありますよね〜。
楽譜ガン見とか、譜読みの仕方とか、方向音痴とか(爆)。

そうそう、自分の手って見るとビックリしますよね〜。かと言って、やや上を向いてウットリ弾くっていうのは恥ずかしくてムリだし〜。私も今までは特に方法とか考えずに何となく暗譜していたのですが(というか、試しに見ないで弾いてみたら意外に覚えてたとかそういう感じ。らべんだ〜さんもこういう感じなのでは??)、1回本番で落ちたら怖くなっちゃって少しマジメにやってみようかと思ってるところなんです。
2012/02/13(Mon) 19:51 | URL  | ツムジネコ #-[ 編集]
「頭の中の楽譜」について詳細に書いてくださったツムジネコさん、すばらしい!

これ、まさに私が抱いていた疑問でした。なんだか喉にひっかかっていた小骨がすっととれた気がします。

私も楽譜を目に焼き付けます。ただ自前の目スキャナーは精度が悪いので、不鮮明なところ多し(ここも問題ですね)。

だから頭の中でページをめくっているんですが、これって暗譜といえるのかなあと、ずっと思っていました。やはり楽譜を追っていることにはかわりないので、楽譜から自由になれていない。「自分の歌」にしきれていない・・・んでしょうね。

あと、自分の演奏動画を見たらすごく変でした。中空をガン見する姿は、第三者の目には何かにとりつかれているようで怖いです。
2012/03/21(Wed) 16:41 | URL  | tawny #X.Av9vec[ 編集]
> tawnyさん
あ、ここにも頭の中の楽譜ガン見派が!
私のスキャナーもすこぶる精度が悪く、昔のfaxみたいです。時間が経つと消えてしまうところとか^^;
私は恐ろしくて演奏動画は長らく撮影していませんが、きっと中空をガン見していたことでしょう。
練習中に暗譜落ちしたとき、ふと気づいたら楽譜を指でなぞって音を追いかける仕草をしていたこともありましたよ〜。

頭の中の楽譜を見なくなると、暗譜で弾くときの恐怖がかなり薄れますのでオススメですよ^^
私はフーガを練習しながらガン見しない訓練をしましたが、tawnyさんはフーガ慣れしてそうだから訓練にならないかも・・・。
2012/03/22(Thu) 17:51 | URL  | ツムジネコ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可