FC2ブログ
No Piano, No Life!! ピアノ再開組、猫好き主婦によるピアノまみれの日々
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
キー様先生コンチェルト
2012年05月25日 (金) | 編集 |
先日、タイミング良くキー様先生のコンサートがあったので聴きに行きました。先生の演奏、CDでは聴いた事がありましたが生演奏を聴いたことがなかったし、そもそも直接お会いした事がなかったのでレッスン前に顔くらい見ておきたいな・・・なんて思って偵察がてら行ってきたのです。

曲はラヴェルの左手のためのピアノ協奏曲。
大好きな曲ですがCDでしか聴いた事がなく、初生演奏って事でそういった意味でも期待が高まります。

演奏後・・・あまりに凄すぎて、夫と共にしばし沈黙。
私:「あの人さ、何で教える仕事してるの?演奏だけでよくない?」
夫:「まぁ、上には上がいるって事だね。ホンモノのキーシンとか」
私:「教えるのが好きなのかな?」
夫:「それもあるかもね・・・」
私:「あの人、ホントに私なんかの事教えてくれるのかな?」
夫:「・・・(汗)」
私:「練習しないとマズイよね?」
夫:「しないとダメだよ(キッパリ)」
私:「・・・(滝汗)」

千秋先生は緻密でガラス細工のような美しい演奏をするのですが、キー様先生は全く別のタイプ。エネルギッシュで、オーケストラをガンガン引っ張り、聴衆を引き込む感じ。でもこういう荒々しさ一歩手前の説得力、まさに私が最近のレッスンで求められているもの。夏の間に少しでも吸収したい。たとえすぐにできるようにならなくても、間近でこの音を・演奏を聴くことは私の演奏が変わる大きなきっかけになると確信しています。

何だかとんでもない所に首を突っ込んでしまった気がするけれど、限られた時間であってもこういう人と同じ空気を吸い、同じ曲に向き合えるのはとっても幸せなこと。貴重な機会に感謝。


スポンサーサイト
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。