FC2ブログ
No Piano, No Life!! ピアノ再開組、猫好き主婦によるピアノまみれの日々
初ショスタコ
2012年02月05日 (日) | 編集 |
今弾いているショスタコーヴィチのプレリュード&フーガ。レパートリーに小品を数曲追加することになり、ちょっと変わった曲が弾いてみたかったのでショスタコーヴィチのこの作品を候補として挙げたところ、先生的にドストライクだったらしく即決。本当に良い曲なんですよ〜

オケにいた頃交響曲第5番(通称ショスタ5、あるいはタコ5)を吹いたことがあります。ショスタコの作品の中でも有名な曲のうちの1つで、特に4楽章はきっとどこかで聴いた事のある方が多いかと思います。



まぁその他数曲の交響曲を聴いただけだったので、私の中にはショスタコ=灰色で、皮肉っぽくて、というイメージがこびりついていたのです。でもプレリュード&フーガの7番はところどころ陰りを見せながらも全体的には「春」、美しい鐘の音が響いている感じ。びっくりする程美しく、弾いてみたくなったのです。プレリュード&フーガは24曲あって、題名、24曲、全ての調性を網羅ってところから分かるようにバッハ様の平均律に倣って作曲されています。

以下はこの曲を献呈され、初演した方の演奏です。
初演は何と1952年!うちの両親、もう産まれてる 
「あ、オレ、まだ産まれてない」とうちの夫。ヨカッタネ−、猫夫さん。



スポンサーサイト



テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽