FC2ブログ
No Piano, No Life!! ピアノ再開組、猫好き主婦によるピアノまみれの日々
つかめた?つかめそう??つかみたい!
2012年07月09日 (月) | 編集 |
夏風邪で1週間寝込んだり、謎の背中痛が再発したり、一向に進まない防音工事にイラっとしているうちにすっかり7月。6月半ばくらいまでは肌寒いくらいだったこの地方も、さすがに完全に夏になりました 道産子の血が流れる私にとって最もツライ季節の到来です。色んな事が重なってなかなかピアノ漬けの日々にはなれないのですが、今の状況でできる限りの事をしようと頑張っています。ここ数週間で、何かつかめたような、つかめそうな・・・そういう感じ・・・らしく、千秋先生からのプレッシャーが滅多に練習しなさいと言わない先生に「一生懸命」練習しなさいと言われて、かなり追い詰められています。

6月3週目、1週間寝込んでいて練習できず、譜読み状態だった2楽章を突貫工事して臨んだ久しぶりのレッスン。2週間ぶりに全楽章通して弾くような状態だったので、もう半ばヤケになって、ミスタッチをものともせず、「これが私の弾き方よ、文句ある??」くらいの勢いで弾きました。あまりの勢いに、弾き終わった後は文字通り「滝汗」状態(99%冷や汗)。コメントまでちょっと間があったので激怒されるのを覚悟していたら、意外にも「今まで(この4年)の演奏の中でベストなものの1つだね。」と。ハァ??本番に備えてちゃんと準備した演奏よりも良かった・・・?喜ぶ、というより呆気にとられるというかショックというか・・・いつもはもっとちゃんと練習して弾いているのに、こんなときの方がいいのかって でも落ち着いて考えると、そういうことだったのかと気づく部分も。

弾けば弾くほど技術的な完成度は上がっていくけれど、その完成度に気を取られてしまってミスが怖くなり、毎回同じように弾きたくなってしまう。そうして出来上がった「先生に言われた通り」に弾いたような「良い生徒」の演奏、これは先生がひたすら辛抱強く教えて下さっている「artisticな演奏」と対極にある。楽譜を深く読み込み、想像力を働かせ、理論的な裏付けも忘れずに作り上げつつも「作った感」のない演奏、弾く度に「自然と」違う表情をみせる演奏・・・こういうのを強く求めているのに(というより始終それについて考えすぎた挙げ句)、私は細部にとらわれ、考えすぎた、作為的な演奏を繰り返していたのではないだろうか?オタク成分高めな私にとって、あーでもないこーでもないと楽譜を読み込み、色んな弾き方を試してみる過程はとっても楽しく、この楽しさの前には新曲を譜読みするあのワクワク感も霞むほどである。でも今一度原点に帰って、初めてその曲を聴いたとき・弾いたときの感動を思い出し、純粋に音楽を楽しんでみる必要がある・・・そんなことに気づいたのかも。

そういう意味で、ベートーヴェンのソナタ27番は今の私にとって最適な課題だったのかも。ベートーヴェンだから一応古典ということになるのだろうけれど、この曲はほとんどロマン派とも言える作品。初期の作品のように正確なテンポでカッチリ弾くというよりも、シューベルトのように自由で色彩豊かな弾き方が良い気がする。それには一層、「弾きこんだ感」のない演奏が必要だと思う。そろそろ新曲を・・・とのことでしたが、新曲とは別にベートーヴェンで勉強したことの復習を兼ねて前に勉強したハイドンのソナタロ短調も弾きなさいとのことだったので、新曲のことはすっとぼけてハイドンを復活させることにしました。これもロマン派的な作品なので、同様の注意が必要だし。そうは言っても近いうちに新曲を持って行かなくちゃだし、キー様先生のレッスンに備えてプロコも練習しなくちゃだし・・・あぁ、時間がいくらあっても足りない ・・・というより、今1番気になっていること。千秋先生は私がキー様先生のレッスンを受けることを忘れているのではないだろうか?もう1度言ってご機嫌を損ねるのも面倒だし


スポンサーサイト
テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
夏休みの?一生の?宿題
2012年05月28日 (月) | 編集 |
先日のレッスンで、「音楽は他の芸術と密接な関係があって、決して独自に発達したものではない」というお話がありました。

レッスンの最初に一通り弾いた後の先生のコメント。曲はハイドンソナタロ短調、全楽章。
「今後のあなたの演奏に必要なのは、自分が本当に良いと信じたように弾くこと。それが最も聴衆を納得される方法です。余りにクレイジーな事をしたらダメだけど、そのときはボクが言います。ボクがレッスンで言った事も全て守る必要はない、勿論一度は試して欲しいけど。信念を持って弾くこと。」

そしてその信念の裏付けとして芸術的なセンスを磨く必要があるという話になり、冒頭の言葉となったのです。

「美術館に行って絵を観なさい、昔の映画を観なさい、そしてそれらの色彩をピアノで表現しなさい。」
「詩や小説を読みなさい。例えばハイドンはゲーテと交流があったよね、ゲーテを読みなさい。文化的な背景を理解するのは音楽を理解する助けとなる。」
「それらに費やす時間をムダと思ってはいけない。絵をじっくり観たらそれはピアノの練習、詩をじっくり読んだらそれもピアノの練習なんだよ。」

恥ずかしながら私、美術にはマッタク興味がなく、その良し悪しは余り理解できない人なんです。美術館なんて専ら観光ルートの一つ。以前から美術館に行きなさいと言われていたので一度は行ったけど、特に得るものもなく帰ってきたのです。文学も、学校を卒業するまでは通学時に読んでいましたが、そのほとんどは日本文学(まぁ、これも決してムダにはなりませんが)。卒業以降は仕事に必要な専門書を読む時間の方が多かったのです。元々活字中毒なので仕事を辞めた後も読書はしていますが、好きな本を好きなように読むだけ。

でもこのとき、「そうか、全部音楽と繋がっているんだ。」と頭だけじゃなくて心底理解でき、その必要性を痛感したのです。そういう視点だと、美術にも読んだことのない文学作品にも急に興味がわいてきました。

そしてダメ押し。「優れたピアニストの演奏を聴きなさい、生徒の演奏はそんなに聴かなくていい。CDも良いけどできればライブで。」


「ピアノという楽器を使ってどこまでできるかを聴くんだよ。」


あぁ、そういう事だったのか。優れた芸術作品に触れ、優れたピアニストの演奏を聴くって。年齢の割にピアノ歴が浅いし、オケに入っていた事もあるためか、心のどこかで「ピアノなんて偉そうにしてたって所詮打楽器のうちの一つ。できることなんて限られている。」と思っていたところがあります。まだまだ私、ピアノの魅力の一部しか知らなかったのか・・・。何だかますますピアノにハマッちゃいそう〜

歴史的ピアニストのインタビューを読むと、ピアノの練習時間は○時間だけどそのうちピアノに向かっているのは○時間。という回答が多いです。そして、必ず絵を観たり、読書したり、音楽を聴いたりしています。凡人には想像できない程の豊かな感性を持ち、その感じたものを余すところなく表現できる天才達でも日々勉強しているのに、私のような凡人が何の努力もしなくて良いわけはなく。一時期勉強したから良いってわけでもなく、一生かけて感性や耳を研ぎ澄ますってことなんでしょうね。でもこういう努力は苦になりませんね・・・知れば知るほどどんどん楽しみが広がると想像するとワクワクしてきます。今のままだって十分楽しいのに、これからどうなっちゃうんだろう〜


テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
年度末まとめ
2012年05月14日 (月) | 編集 |
先日のレッスン・・・もう音楽院のレッスンが終了しているため時間の余裕もあり、学期末ということもあり、今年1年を振り返ってのコメントを先生から頂きました。

まず、先日のコンクールの結果と今後の課題。私も先生もコンクールは賞を取れるか否かではなく、それを目標に練習して上達することに重点を置いていたので、結果については良かったね〜ってだけで、それよりも演奏内容についての話になりました。録音審査だったので、先生にもそのCDを聴いてもらっていたのです。先生は私の演奏を今までもうイヤって程聴いてるし、レッスン以外に時間を割いてもらうのに抵抗がありました。でも、一年間先生が力を入れて教えて下さった事を私がどれくらい身につけているか・本番でどれくらい発揮できるものか、忌憚ない意見が欲しかったのです。

というのも一応スタジオで録音したためその音質については信用していたおり、音が軽かったり、レガートがあまりキレイじゃなかったり、表現が小さかったりっていうのは自分に原因があると思ったのです。なので録音後にやや落ち込んでしまい、厚かましくも先生にCDを渡すという暴挙に出たのでした。

先生の感想は「録音の音質が悪すぎる!あれを録ったのは学生なの!?ピアノはどんなピアノ??あれはあなたのいつもの音じゃないよ。ダイナミクスレンジも狭いし。次からは違うところで録りなさい!」
・・・ある意味ホッとしたというかガッカリしたというか。自分がどんな音でどんな演奏をしているかなんて演奏中には客観的に聴けないし自信もないので、「まぁ、私なんてこんなモンでしょう」という感じでいた・・・というよりむしろ、録音の方が実際の演奏よりずっと良かったと言われたらどうしようっていう不安の方が大きかったのです。そういう意味では実際の音はもっとマシなようで一安心。でも、それを聴き分けられなかった自分の耳のアホさにガッカリ。

次にやっと内容へ。「注意深すぎて、表現が小さくなっていたよ。録音だとミスしないように注意深くなってしまうのは誰にでもあることだけれど。ボクにはこれがあなたの力を表す録音とは思えないよ。」
・・・ス、スミマセン、ベストを尽くしたつもりだったんですが。これについても自分の表現の幅なんてこんなモンでしょ、って思っていたのである意味ホッとしたというかガッカリしたというか。

ま、要するに私の耳がアホアホだったって事ですね┐(´-`)┌ 
耳がアホだとどうにもならない、これは何とかしないと・・・。

でも今年1年ですさまじく上達したとのこと・・・まぁ、もともとがド下手ですからねぇ。とは言え、本当に本当に嬉しかった。コンクールやコンサートの一瞬で力を発揮して良い結果を得られるのも嬉しい。でも少しずつでも日々進歩している、さらにまだ進歩する可能性があると言われる方がずっとずっと嬉しいし、価値があるし、希望が持てる。

それから今の私はどれくらいのレベルなのか、そしてもっと上に行くにはどうすれば良いのかのアドバイスがありました。

「もっと自由な表現・弾く度に違う表現で、聴いている人達(自分も含めて)を驚かせなさい」
・・・昨年からずっと言われ続けている事ですが、引き続き大きな課題ですね。驚かせるかぁ。余りに弾けなくて自分が驚いちゃう事はよくあるんだけど。

「もっとピアノの演奏を聴きなさい、コンサートもそうだし、録音だったら昔の歴史的ピアニストを聴きなさい、それによって自分の耳を鍛えなさい」
・・・どういうコンサートに行ったら良いか、録音だったら誰のものを聴けばよいのか、教わりました。

そして心配していたキー様先生のレッスンを受ける件ですが、夏休みは他所に教えに行ったりしているので、キー様先生のでも他の先生のでも自由に受けなさいとのこと。また他にも室内楽やピアノセミナー等、先生が良いと思ったものを紹介してもらいました。コンクールについても色々調べて下さったようで、某コンクールを受けてみたらとのこと・・・ほとんど夢とも言えるくらいの憧れていて、受けたいと言うことすらできそうもなかったものだったのでビックリ。敷居が高すぎるけれど、別に勝つためにでるわけでなし(そもそも勝つなんてありえない〜)。その準備の段階にこそ、もし一回でもその場で演奏できたら(そこまで辿り着くのすら大変なこと)その経験こそに価値がある。少しずつ準備しようと思っています。



色々話していて感じたのですが、昨年くらいからやっと信頼関係ができてきたのかなぁって気がします。競争心が強すぎる生徒、テクニックだけ追求して大曲ばかりに取り組む生徒にはかなりキビシイ態度で臨む先生。こうしてサポートして下さるのは、先生が何を大事だと思って教えているかを私が理解していることが伝わったからかもしれません。また、私が真剣に(真剣すぎる程真剣に)ピアノと向き合っている事を先生が理解し、ドン引きせずに(笑)、出来る限りサポートして下さっているという事を私が信じられるようになってきたのもあります。来シーズンも頑張ろうって思える瞬間でした。

テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
レッスンメモ(2/2)
2012年02月03日 (金) | 編集 |
先生がコンサートで不在だったので、2週間ぶりのレッスン。前回のレッスンのとき「来週はボクいないから、2週間後にgood lessonね 」と釘を刺されていたので、今回はサボらず練習していきました。子供じゃないんだから釘をさされなくても練習しろって感じですが。この2週間はレッスン曲+2回のコンサートの練習で結構忙しかったです

そうそう、この日はうっかりタダでレッスン受けちゃいました(もちろん後日払うけど)。12回分のレッスンを登録すると学校の練習室を自由に使えるので12回前納でレッスンを受けているのですが、前回のレッスンで全て受講し終わっていたのでした。基本的にオレ様キャラの先生が、「あの・・・引き続きボクのレッスン受けるよね?」といつになく低姿勢だったので、こういうキャラの人に「いえ、もう受けません!今までありがとうございました!」と言って帰ったらどうなるんだろうと一瞬妄想しましたが、ロクな結果にならないのは明白なので妄想に留めておきました。ちなみに前にも登録し忘れてレッスンに行ってしまったことがあって、そのときは「キミは今後もボクのレッスンを受けたいのかい?」とオレ様口調で聞かれたっけ(泣)。あれから2年、ようやく私も引き続きレッスンしたい生徒として認識されたのでしょうか(爆)。その前にちゃんと忘れずに登録しておけって感じですが。


  1. リスト:巡礼の年第2年 イタリアより「婚礼」
  2. ショスタコーヴィチ:プレリュードとフーガ Op.87 No.7
  3. ショパン:エチュード Op.25 No.5
リストは質問だけ。コンサートのとき思うとおりの音で弾けなかったところがあって、その弾き方の確認。今まで「分かったような分かんないような・・・」だったタッチがやっと腹に落ちたって感じ。聞いて良かった〜♪

ショスタコは今の弾き方だとロマンティック過ぎるとのこと。確かにここ1ヶ月くらい練習の中心がリストだったので、ロマン派よりになってるかも。ルバートなしでシンプルにピュアに美しく、でも決してメトロノーム的ではなくニュアンスを持って・・・というのは本当に本当に難しい。お手本を弾きながら「ほら、これだって十分じゃないのがわかるかい?ボクも練習しないと・笑」と冗談まじりに話す先生・・・いやいや、私なんて猛練習したって一生その不十分な領域にすら辿り着きそうもないですケド でもこういう弾き方はこの作品だけに役立つわけじゃなく、いろいろ応用できる。頑張って練習しようっと

で、次にショパンを弾いてみるとお約束のようにルバート少なめ・・・何とアホな私1ページ目で止められ「もう一度、ロマン派っぽく弾いてごらん」ってやり直し。もう一度弾いたらちゃんとロマン派になりましたが、最初っから切り替えて弾くようにしないといけませんね。ショパンは今まで曲想をつけるのに集中していたので、特に中間部はボロボロと色んな音がこぼれ落ちています。思うような曲想を出すためにも技術的に詰めないとなぁ。テンポはようやく8割弱。もうちょっと早めの方が雰囲気が出るので引き続き練習しないと。出したい表現を実現するための弾き方を教わってレッスン終了。

クラシック音楽はそれぞれの時代の特徴があり、そのお陰でこんなにたくさんの曲があっても全く同じようには聴こえない。全ての曲が固有の世界を持っていることを理解し、それに合った弾き方をしないといけない・・・曲の最初っから。当たり前の事だけど、何曲も連続で弾くときは気持ち・雰囲気の切り替えが難しい。それに音楽史についての知識も極浅だしなぁ、私。ちょっと勉強してみようかな

テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽
レッスンメモ(1/19)
2012年01月22日 (日) | 編集 |
ふぅ〜、何とか追いついた、レッスンメモの更新。


  1. ショパン:エチュード Op.25 No.5
  2. リスト:巡礼の年第2年 イタリアより「婚礼」
先週うっかりついたウソに苦しんだ一週間でした。リストは本番があるから練習しなきゃいけないし、ショパンをとりあえずレッスンできる程度にしないといけないし。やっぱりコツコツ練習しないといけませんね〜

この日も当然プレッシャー攻撃。
「お、ショパン持ってきたね。・・・そういえばバッハ(トッカータ BWV914)はどうした?」
「れ、練習してますケド・・・」

ちょっとだけしてたからウソではないけど、12月の本番以降は次の本番や新曲の練習に追われて(正しくは、追われつつあったけどサボってたから余裕がなくて)バッハどころではありませんでした。しかも来週は先生のコンサートのためレッスンがないので次回は2週間先。それだけ時間があったらできませんでしたとは言えないなぁ〜 計画的に練習をすすめなくてはいけませんね。

さてショパン・・・超ゆっくりテンポです。どれくらい遅いかって言うと、家で弾いてたら夫に「あ、これ車の中で聴いてた曲?」と言われ、「え、同じ曲だって分かった〜?」と喜んでしまうくらい
案の定「今のテンポではよく弾けてるけど、問題はテンポを速くすることだね」と言われ・・・そんなことは弾いている本人が1番よく分かってますってば!練習方法を教わり、引き続き練習することに。うーむ、こんなの弾けるようになるのかなぁ(弱気)。大体、先生はデカ手なのでほとんどストレッチなしで弾けるけれど、私の手の大きさだと多少ストレッチしないと弾けないし〜。こういうときデカ手の人が羨ましくなります。

でもこの曲、すっごく好きなのです。特に中間部の何と美しいこと。だから指定テンポでは弾けるようにならないだろうけど、何とか自分なりのテンポで弾けるようになりたいなぁって思っています。子供の頃はこういう地味な曲はすっ飛ばして聴いてました。やっぱりショパンのエチュードって言ったら木枯らし、革命、黒鍵、エオリアンハープ、大洋、10-1、10-4だよね〜、って感じで。

こんな曲です↓ 指定テンポよりかなり遅いですが結構好みの演奏。


大人になってピアノを再開してから、こういうゆっくりした部分(と言ってもこのときも右手は超速移動してるけど)のある曲の美しさに魅せられています。他にも弾いてみたいなぁと思うエチュードはゆっくり系が多いです。まぁ、美しさに魅せられたっていうのと、現実を冷静に見られる程大人になったってことでしょうか

リストは先週よりは良くなったけど、まだまだ、まだまだ、まだまだ改善すべきポイントがあります。「この曲はテクニック的には難しくないけれど、音楽的にはとっても難しいよ。」と先生に言われた通り、本当に本当に難しい。でも正しい方向には進んでいるみたいなので、引き続き練習しようと思います。

テーマ:ピアノ
ジャンル:音楽